デザイナーメッセージ

風音   Kazane
北海道旭川市在住 Reside in Asahikawa city in Japan
2004年10月に
帯のリメイクの店「ぶらん」を設立
Established Kimono and obi remake shop "Bulan" in October 2004
2007年には
「着物の帯で作る雛人形」教室を開設
Establishment of 'Hina dolls made with kimono obi' classroom in 2007
2008年には
「帯の雛人形」として商品化
帯のリメイクをメインに活動しています
Commercialized as "Hina dolls of the obi" in 2008
Mainly works on remake of kimono obi
着物や帯に秘められた日本の伝統的な奥深い柄や織り、染め、色の魅力を活かし、再生することを心がけています。 息を吹き返した日本の伝統美を堪能していただければと願っています。

全て独自の企画、構成、制作による帯の雛人形、帯の裂き織りバッグなどは、帯の絹糸、金糸、銀糸の豪華さを活かしたオリジナリティの高い作品です。

思い出の帯を利用して作る雛人形のオーダーも承ります。
I try to make use of the charms of deep patterns, weaving, dyeing and color hidden in traditional Japanese kimono and obi.
I hope you will enjoy the breathtaking Japanese traditional beauty.

All the original planning, composition, production of Hina dolls of the obi, obi tear weaving bags, etc. are high originality works making full use of the luxury of the obi silk thread, gold thread and silver thread.

We also accept Hina dolls' orders made using the obi of memories.

秋のお雛様知ってますか?

ひな人形と『後のひな(のちのひな)』

ひな祭りは女の子の健やかな成長を祈る年中行事で、毎年3月3日にひな人形を飾ってお祝いします。
江戸時代初期には、健康と長寿を願って、秋にもひな人形を飾る風習があり、これを「後のひな」と言いました。

この風習に倣い、大切な人の健康を願うプレゼントとして、着物リメイクの店「ぶらん」が提案する「帯のおひな様」は喜ばれています。
着物の帯を使って手づくりした、世界でたったひとつのおひな様です。

帯ひな制作 中屋風音

  Hina Matsuri is an annual event to pray for the healthy growth of girls, celebrating Hina Dolls on March 3 every year.
In the early Edo period, there was a custom that decorated hina dolls in autumn, wishing for health and longevity, this was called "later Hina Matsuri".
Following the this custom, as a gift to wish a precious human health, " Hina dolls of the obi " proposed by Kimono and obi remake shop "Bulan" has been pleased.
It is the only hina doll in the world, handcrafted with bands of kimonos.

Hina dolls of the obi producer: Kazane Nakaya

江戸時代初期、この9月9日の重陽の節句に邪気を払い長寿を願って菊の花を飾ったり、『菊酒』という菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わしたりしてお祝いしました。
また『菊の被綿(きせわた)』という行事があり、前日の9月8日に菊の花に綿を被せておき、翌日に露と菊の香りが染み込んだ綿で体を拭う、と菊の薬効により長寿になると言われました。
旧暦では、菊が咲く季節であることから別名『菊の節句』とも呼ばれています。(「枕草子」・「紫式部日記」参照)
『健康と長寿』の願いを込めて、再び雛人形を飾る風習がありました。日本古来の書物によると、3月3日の節句に飾る雛人形に対して重陽の節句に再び雛人形を飾ることを『後の雛』(のちのひな)と言います。

「重陽の節句」に、後の雛としてご自身またはお子様・お孫様などご家族の健康と長寿に願いを込め雛人形をお飾りしてもオツなものです。

健康・長寿を願う『後の雛』は大切な方へ贈り物としても喜ばれます。

※旧暦の9月9日は、現在では10月半ばを示すため『後の雛』は8月24日頃から10月15日(人形の日)までお飾りするとよいでしょう。
『後の雛』とは、雛人形を重陽の節句の頃に虫干しを兼ねて飾る江戸時代からの風習だったそうです。
お雛様を大切に保管するための知恵だったんでしょうね。
モノを大切にする一手間も、昔の人は楽しんでいたのですね。
季節飾りを楽しみながら時を過ごす・・・・そんな心の豊かさ。素敵ですね!